よくあるご質問

  • TOP
  • よくあるご質問
クレジットカードは使えますか?

現在、VISA,MasterCard,JCB,が使えるようになっています。将来的には、広くキャッシュレスに対応していく予定です。

駐車場はありますか?

申し訳ありませんが、専用駐車場はありません。クリニックから公団方向50m先にタイムス青戸3丁目店、があり、クリニック裏にも数台停められるコインパーキングがあります。自転車は専用駐輪場があります。

初診はどのくらい時間がかかりますか?

個々の病状により、また、院内の混雑にもより、確実ではありませんが、だいたい1時間〜2時間みていただければと思います。速やかに検査や問診を進めるためにも、是非、電話でのご予約をお願いいたします。

経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)とはなんですか?

◎経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)とは、試験用の糖質液(75gトレーランG)を飲んでいただき、その後の血糖値の動きを調べる検査です。検査は、約3時間ほどかかり、何回か採血、採尿をしますが、以下のようにいろいろな情報が得られます。

◎人間のからだは、糖を摂取すると、糖の吸収とともに膵臓から血糖を調節するインスリンが速やかに分泌され、血液中にとりこまれた糖分が内臓へゆきわたります。この処理はとても迅速かつ精密で、健康な人では食後もほとんど血糖値は上昇しません。

◎糖尿病では、初期からこの糖の処理能力に異常がみられます。OGTTは糖を処理するちからやスピードがわかるので、糖尿病や糖尿病予備群(境界型)の診断にとても有用です。血液中のインスリンも同時に測定すると、インスリンの分泌の量や反応のすばやさも調べることができるので、糖尿病のタイプや、将来の糖尿病になりやすい体質についてもわかります。

◎検査の対象となるのは、ほかの検査から糖尿病が強く疑われる方のほか、肥満、高血圧、脂質異常症、脂肪肝など、動脈硬化に関係した病気があり糖尿病を早期に見つける必要がある方にも強くお勧めします。妊婦さんの場合、妊娠糖尿病の診断にも使われます。

◎なお余談ですが、この検査で用いる糖分のカロリーは300kcal([糖分1gあたり4kcal]×75g=300kcal)で、実は通常の食事の半分以下なのに、食事よりも血糖値が上がりやすく、「処理能力」の軽度の異常も敏感に検出できます。裏を返せば、この検査のように「糖分入りの液体を」「一気に飲む」と、少ないカロリーで血糖値が上昇しやすくなるので、糖尿病の体質のある方は、ジュースやスポーツ飲料などに注意が必要なのです。この検査と反対の方法、つまり「普通の食事の形態で」「ゆっくり食べる」ことが、糖尿病を悪くしないために重要であることも、納得いただけると思います。

診療予定表

概要

院長 安田佳苗
副院長 安田和基
(杏林大学内科学教授ー糖尿病)
スタッフ 5名
標榜科 糖尿病内科、一般内科
所属・資格 日本糖尿病学会認定、糖尿病専門医・研修指導医、
日本内科学会認定、総合内科専門医
住所 〒125-0062 
東京都葛飾区青戸3丁目30-5
電話 03-5680-5533
連携医療機関 慈恵医大葛飾医療センター
東京都立東部地域病院
東京大学医学部附属病院
朝日生命成人病研究所附属病院
など

診療時間

診療時間 日祝
9:00 〜 12:00
(初診は11:30まで)
14:00 〜 18:00
(初診は17:30まで)

※休診日:木曜、日曜日、祝日
※当院は予約優先で診療を行っています。

※当院では現在発熱外来は行っておりません。

一般通院患者さんとの隔離診察が困難なため、残念ながら当面は発熱外来は行いません。詳細はこちら

診療には各種カードがご使用いただけます。